第2話 「男を欲情させるためだけに発育した身体で誘惑されて」

どんだけエロい身体なんだよ「子産み島~」 第2話 『男を欲情させるためだけに発育した身体で誘惑されて』 漫画無料ネタバレ・あらすじ

子産み島2




本記事は、人気同人サークル青水庵が制作した、「子産み島~週7で産めるメスたち~」第2話『男を欲情させるためだけに発育した身体で誘惑されて』の紹介です。

 

 

民宿で目覚めた誠一。

 

そこにやってきたこのみ。

 

朝から悩殺エロボディーを見せつけらて、誠一の肉棒はエレクチオン!

 

それに気づいたのか、朝食の後、勉強を見てほしいとこのみがお願いする。

 

朝の刺激が収まらない誠一の下半身は臨戦態勢のまま。

 

そんな状態では勉強を見るどころじゃない・・・

 

けどそれはこのみも同じだった・・・

 

チラチラと誠一の膨らんだ股間を覗き見るこのみ・・・

 

そして・・・二人の淫靡な駆け引きが始まった・・・

 

\続きは画像をタッチ/
登録なしで21ページがタダ
△▲進化したメスはココ▲△

 

子産み島~週7で産めるメスたち~ 第2話 「男を欲情させるためだけに発育した身体で誘惑されて」 あらすじ

 

島に移住して最初の朝を迎えた。

 

昨夜はちょっとだけ期待してたんだけどなぁ・・・

 

結局かおリさんも、このみちゃんも現れず・・・

 

にしても、今朝は朝勃ちが・・・っぱねぇッ

 

これって昨夜のかおりさんの料理、自然薯のおかげ?

 

ガラガラッ!!

 

お兄ちゃん、いきなりごめんね・・・お母さんに布団干すように頼まれたから・・・

 

布団を抱えるこのみちゃんの後ろ姿ヤベェっ・・・ぴっちぴちのホットパンツを無理やりデカ尻に履かせてるから、肉がこぼれ落ちそうで・・・エロすぎっ

 

朝からこんなエロボディーが拝めるなんて、やっぱこの島に来た甲斐あるわっ・・・

 

このみちゃんのエロ尻見ながらシコりてぇー

 

お兄ちゃん・・・朝食すんだら・・・また勉強見てほしいんだど・・・

 

ムラムラ・・ムラムラ・・

 

ああ・・・いいよ・・・

 

(こんなに欲情したままこのみちゃんの勉強を見るってことは・・・)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

おおっ・・・このアングルたまんねぇッ・・・!

 

なんだよッ・・この巨乳・・・これって犯罪レベルだろっ

 

汗ばんだ、キャミソールとノーブラが、更に追い打ちをかけていた

 

このみちゃんは男を喜ばせるのは得意なんだけど、勉強は苦手なようだ

 

いや、この島の女全般に言えることだが、男を喜ばせる能力だけに特化して進化してきたからこその結果なのだろう・・・

 

今では忘れらた男尊女卑に近い思考・・・

 

そこがまた男心をくすぐるんだけど

 

それにしても、昨日見たときよりまた大きくなってないか?このデカ乳・・・

 

これも、昨夜の自然薯のおかげ?

 

こんなエロい体ボディで本州で授業受けたら、絶対問題起きるよな・・・こんなの見せられたらだっまちゃいないだろう・・・健康な男性教師なら・・・

 

あっ!やばっ・・・俺ギンギンになってるわっ

 

今までで一番硬くなってるかも・・・

 

だけど、これから島にいる間、お世話になる民宿の娘にはなかなか手が出しにくいし・・・

 

チラッ・・・チラッ・・・

 

なんか、俺の下半身に熱い視線を感じるんだけど・・・

 

お兄ちゃんて、どんながタイプなの・・・

 

やっぱり・・・大人の女性?・・・おっぱいも大きいほうが好き・・・?

 

このみちゃんは俺の気を引こうとしているのか、やたらと俺の好きなタイプを探ってくる

 

ココは冷静を装ってクールに対応しなくちゃ・・・

 

そうだな・・・オッパイも大きければいいってわけじゃないけど・・・要はバランスかな・・・?」(クールを装ってw)

 

・・・私みたいなの・・・大きすぎるよね・・・?・・・このあいだKカップになったの・・・

 

いや、Kカップ・・・悪くないよ・・・」(いや、むしろよだれモンだってw)

 

じゃあ・・・好き・・・?・・・こんなおばけおっぱいも・・・?

 

・・・うん」(ったりめーだよw)

 

・・・見てたもんね♪・・・お兄ちゃん・・・私のおっぱい・・・初日から気づいてたよ♡」(え!バレてた?w)

 

ごめん、おっぱいずきなんだ・・・

 

ううん・・・うれしい♡」(おいおいっこれって完璧イケるじゃんw)

 

しかも、会話の節々で俺の大きく反り勃った股間をチラ見してるし・・・

 

もうたまんねぇーっ!!

 

・・・けど、こんなお肉のついた太ももは・・・キライでしょ?

 

お尻もこのあいだ測ったら100センチもあったの・・・太腿も太いし・・・

 

・・・俺は、どっちかというと・・・ムチムチのほうが好きだけど・・・

 

ほんとッ・・・!?

 

ああ・・・ほんとだよ・・・

 

じゃあ、触ってみる?♡

 

おおっ!!このみちゃんかわいいっ!!

 

なんて物欲しそうな目で見るんだよっ

 

たまんねぇーよー

 

俺は言われたとおり、このみちゃんの太ももに手をおいた・・・

 

なんだっ!!

 

この感触!!

 

餅のようなやわらかさ、それでいてひんやり気持ちいい、で、俺の手のひらを飲み込んでしまいそうなこの感触・・・

 

俺のカリ先から、カウパー(尿道球腺液)が吹き出すのを感じた。

 

このみちゃんは、俺の太腿愛撫を気にしない素振りで勉強しているが、ペンを持つ手は止まっている・・・

 

うつろな表情、顔を赤く高揚させて、鼻息も荒くなってきた・・・

 

俺は勢いづいた、衝動を抑えきれなくなっていた・・・

 

そしてついに、爆弾巨乳を下から揉み上げたっ!!

 

な、なんなんだ!!この感覚は!!!

 

モッチッ・・・ムニュッ・・・

 

このみちゃんの肉の感触はすべてが未知数・・・

 

これがこの島のメスの進化というヤツか!?

 

このみちゃんの喘ぎ声もだんだん大きくなってきた・・・

 

ああッ・・・お兄ちゃん・・・はぁーッ・・・はぁー

 

・・・このみちゃんのデカ乳やば過ぎだってっ

 

・・・エロすぎだって

 

えっ!!

 

なんだこれっ!?

 

愛液??

 

失禁??

 

潮??

 

乳愛撫だけで・・・イッた?

 

・・・

 

これが長い年月をかけて、進化してきたこの島の、いや、メスのエロ体質なのかっ!?

 

・・・

 

>>第3話のネタバレはコチラ<<

 

\エロいメスの母娘は画像をタッチ/
△無料で試し読み♪△

 

子産み島~週7で産めるメスたち~ 第2話 「男を欲情させるためだけに発育した身体で誘惑されて」   感想

 

ついに、このみちゃんの爆乳の感触を体感しちゃいましたね、誠一はw

 

島の長が言ってた、男を喜ばすために進化して来たメスの本能ってやつですね。

 

感度も進化し過ぎなぐらいですよねw

 

だってデカ乳揉まれただけでイッちゃうとかやばくないですか?w

 

これぞ男冥利につきるってやつでしょw

 

これでインサートしちゃった日にゃどうなっちゃうんでしょ?

 

島中、大洪水?、いや、島はこのみちゃんの体液で沈んじゃうんじゃ?w

 

まあ、とにかくこの島のメスの進化をした誠一でしたが、まだまだ序の口でしょ

 

さてと、次回あたりで初挿入?

 

それと、管理人的には、民宿の女将、かおリさんのエロ尻希望!!

 

それと、もぅ一人、島でただ一人の看護婦の杏里さん、パット見は頭良さそうで、堅そうな感じなんですが・・・

 

誠一に言った一言、「良いモノをお持ちなようで・・・」この一言で、管理人はエレクチオンしちゃいましたw

 

この作品、ロリコン好きから、熟女好きまで、オールマイティーに楽しませてくれそうですね!!

 

乞うご期待!

\続きは画像をタッチ/
21ページが無料で読める
△▲肉感のいいデカ尻▲△

 

第3話
子産み島3
もうお膳立ても必要ない「子産み島~」 第3話 『何も言われずチ○ポへ奉仕する家系の本能』 漫画無料ネタバレ・あらすじ

  本記事は、人気同人サークル青水庵が制作した、「子産み島~週7で産めるメスたち~」3話『何も言われずチ○ポへ奉仕する家系の本能』の紹介です。   顔の前に差し出された俺の神肉棒の ...

続きを見る

-第2話 「男を欲情させるためだけに発育した身体で誘惑されて」
-, , , , , , , ,

© 2020 子産み島~週7で産めるメスたち~【同人エロ漫画】無料ネタバレまとめ Powered by AFFINGER5