子産み島~



 

当サイトは大人気同人エロ漫画「子産み島~週7で産めるメスたち~」のファンサイトです。

 

FANZAで発売から約1ヶ月で4万部以上を売り上げ、BookLive!コミックでは2ヶ月以上もランキングトップをキープし続ける大人気作、「子産み島~週7で産めるメスたち~」を独自のエロエロ目線でネタバレ含め、感想、ヌケるオススメシーン等を紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします♪

 

作者は人気同人サークルの、青水庵(あおみずあん)。

 

青水庵と言えば、これまでに数々の作品をリリースしてきました。

過去代表作

  • 気に入った膣にいきなり中出しOKなリゾート島

  • 陰キャ美少女は、担任に犯されてもイキまくる

上に挙げた作品以外にもたくさんのエロ漫画を世に送り出してきましたが、どの作品も素晴らしい画風、良く練られたストーリー性、そして何よりも女性の肉感の表現が、素晴らしいんです!

 

超絶エロくて、ヌキどころ満載!!!

 

もう、説明するより見てもらうの一番早いですね!!

 

\画像をタッチで無料で即読み
登録不要21ページ試し読み

▲このみちゃんのエロ~いデカ尻は必見♪▲

 

無料で試し読みする方法

・ 画像をタップ

・「無料立ち読み」と書いた青いボタンをタップ

・「無料試し読み」と書いた青いボタンをタップ

たったこれだけで21ページ読めちゃいます♡

 

Contents
  1. 『子産み島~週7で産めるメスたち~』作品紹介
  2. 『子産み島~週7で産めるメスたち~』登場人物と各話タイトル
  3. 『子産み島~週7で産めるメスたち~』 あらすじ(ネタバレ注意)
  4. 『子産み島~週7で産めるメスたち~』ってどこで読める?無料で読むことは?

『子産み島~週7で産めるメスたち~』作品紹介



 

あんたに、島中の女たちを孕ませてほしい

 

島の長である老婆からそう依頼された主人公

 

島に上陸した主人公は…

 

 

本州から遠く離れた離島『牛比島』。

 

この島には大昔から続く、ある風習があった。

 

その風習とは、人口を増やすために考えられたものだった。

 

この島に住むメス達は特殊な体質の持ち主が多く、種付けから出産までわずか7日間という恐るべき能力を持っていた!

 

出産というメス本来の役割により、この島の女たちは、心底男に尽くし、自分のすべてを投げうつ覚悟があった。

 

そう、男には絶対服従!!これがこの島の女たちなのだ!

 

男の本能を引き出し、男を喜ばせ、身ごもり、出産する、これこそがメスの悦びなのだ!

 

そして、人妻、JK、少女までもが完全なドM!!

 

島はそんな女たちによって順調に繁栄するかと思われたが、近い遺伝子による交配が繰り返された結果、この島の男たちの精子では孕まなくなってしまったのだ。

 

このままでは島は過疎化していく運命・・・

 

そこでこの島の長がとった対策は、本州から、遺伝子レベルで相性のいい男をこの島に招き入れることだった。

 

そして、もう一つの条件、それは神レベルの男根の持ち主であること

 

この島のメス達を従わせ、徹底的なまでに虜にする能力を兼ね備えている事。

 

 

そして、一人の男に白羽の矢が立ったのだ・・・!

 

 

 

『子産み島~週7で産めるメスたち~』登場人物と各話タイトル



 

・尾崎誠一

本州で高校教師をしている公務員。趣味は離島めぐり。ある文献で『牛比等』のことを知り、島に訪れてからというもの、すっかりこの島の魅力に取りつかれ何度も島に足を運ぶ。超絶な精力の持ち主で、神のような巨根とメス達がひれ伏すような技能の持ち主。そんな素晴らしいウェポンを持ちながら、満足できる女に巡り合えず、日々もどかしさを感じて生きている。

 

・橘このみ

離島の民宿の娘。JKでありながら発育しすぎた肉厚のエロい体の持ち主。日に焼けた肌が健康的で運動神経も抜群。時々やってくる主人公を意識している。肉感素晴らしいエロボディーは、母譲り。ムチムチの太ももとプリッとした尻でいつもはいているショートパンツが肉に食い込んでいる。むっつりスケベでオナニー中毒

 

・橘りあな

民宿の娘で、このみの妹。まだ中学生ながら、犯罪的にエロい体をした過激なフェミ娘。この島の風習、男尊女卑に馴染めず、本州に行くことを夢みている

 

・橘かおり

姉妹の母親で民宿の女将。島の風習に心底染まり、男に尽くすことが何よりの喜びと感じる元人妻。娘たちの懐妊を強く願う半面、隣の部屋から洩れてくる、娘たちの営みの声に我慢しきれず自慰行為にふけ

 

『子産み島~週7で産めるメスたち~』各話 タイトル
第1話 青い海、白い砂浜、褐色巨乳女子学生
第2話 男を欲情させるためだけに発育した身体で誘惑されて
第3話 何も言われずチ○ポへ奉仕する家系の本能
第4話 何百年もかけて進化したマ○コのハメ心地は…
第5話 受精率100%の子宮に気絶するまで生種付け
第6話 妊娠したての女子学生と母乳まみれの連続交尾
第7話 妹に見られても我慢できない男尊女卑セックス
第8話 身も心もオスに服従したメスは一晩で妊婦になって
第9話 2人目孕ませてほしいって言ったら、引く? 今すぐに…
第10話 僕らはことあるごとにまぐわり、夢中になって孕ませまくった
第11話 孕みたて幼妻のパイズリと、熟した発情義母の誘惑と
第12話 こっそり母を孕ませて、娘に土下座で交尾をねだられて
第13話 制服女子学生妻の完全服従子作りを玄関で義妹に見せつけて
第14話 島の外の常識に染まった少女さえ、メスの本能には抗えず
第15話 チ○ポ様に完敗して、彼氏がいるのに絶頂しまくる小生意気な膣
第16話 これだから…女(メス)って最高だ!

 

>>メスとして進化した母娘<<

 

『子産み島~週7で産めるメスたち~』 あらすじ(ネタバレ注意)

 

それではここから各話のあらすじを簡単に紹介していきたいと思います。

もっと詳しく知りたいって方は、文章の下に各話のあらすじ・感想ページへのリンクを設置していますのでそちらからどうぞ!

 

第1話「青い海、白い砂浜、褐色巨乳女子学生」あらすじ



島のおさからある依頼を受けて俺はこの島にやってきた

 

俺の名は誠一、島には教師として雇われた・・・

 

しかし本当の理由は、島の女たちに「種付け」をしにきたのだ。

 

あんたに、島の女たちを孕ませてほしい」そう依頼されたのだ。

 

島で世話になる民宿の娘、このみちゃんが俺を出迎えてくれた

 

[お兄ちゃん久しぶり・・・って1週間ぶりね♡」

 

民宿はこのみちゃんの母親のかおりさんが女将をしている。

 

それともう一人、このみちゃんの妹のりあなちゃん、この3人と俺の同居活が始まった

 

はっきり言おう!この3人の誰一人をとっても、本州の女たちとは、顔も肌も、胸も、尻も、全てのレベルが違うのだ。

 

もっと言えば、この島の女性すべてが美しく、そして信じられないぐらいのエロい肉体、そのすべてが奇跡なのだ!!

 

俺の目の前を歩く、JKの異常に発育した尻を見ながら、島の長の話を思い出した。

 

・・・

 

このみちゃんにも、あの特殊な能力があるのか?

 

そして、このみちゃんは俺の子を・・・

 

 

 

第2話 「男を欲情させるためだけに発育した身体で誘惑されて」



「お兄ちゃん入るね。布団を干すようにお母さんに頼まれたの…」

 

俺の目の前で布団を抱える、ホットパンツ姿のこのみちゃん。

 

デカくてエロい尻がピチピチのパンツからこぼれ落ちそうだ

 

エロ尻を見た俺の股間はズボンを突き破る勢いだ!!

 

このみちゃんは、俺の股間に気づいたのか慌てて目をそらした。

 

「・・・ねえ、お兄ちゃん、朝ご飯食べたあと、勉強みて欲しいんだけど・・・」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

俺は朝の刺激がまだ忘れられず、心臓と股間をドキドキさせながらこのみちゃんが来るのを待っていた。

 

そして、このみちゃんがやってきた。

 

目の前で勉強をするこのみちゃんの熟れた体を見ていると、スボンの中の肉棒がまるでバズーカー砲のように臨戦態勢に入ったのがわかった

 

その時このみちゃんが顔を赤らめながら口を開いた・・・

 

「ねぇ、お兄ちゃん、巨乳・・・好き?・・・」

 

俺の銃口から、何やら液体が飛び出した・・・

 

 

 

第3話 「何も言われずチ○ポへ奉仕する家系の本能」



進化したメスの姿をこの目で確かめた俺。

 

もうお膳立ても必要ない。

 

たった今、乳イキしたばかりのこのみちゃんは、放心状態でへたり込んでいる・・・

 

俺はこれ以上ないってくらいにギンギンになった勇ましいシンボルを、このみちゃんの顔の前にチラつかせた。

 

目を大きく見開いたこのみちゃん・・・信じられない・・・このみちゃんはそう思ったに違いない・・・

 

しばらくは、目の前に出された見たこともないサイズの淫棒を凝視していたが、やがて物乞いするような瞳で俺を見つめたあと、咥え込んだ

 

ジュブっ・・ジュボッぼ・・じゅぶっ・・じゅぐっぅ

 

うおおっ・・・なんてエロい、くちま○こなんだ・・・カリの周りを這う長い舌・・・まるで別の意思を持って動き回るようなねっとりしたフェラチオは、今まで経験したことのないモノだった。

 

ますます膨張していく、25cm超えの俺の脈打つ肉棒は、このみちゃんの咽奥まで達していた。

 

気道が塞がって苦しいはずなのにこのみちゃんの表情は悦びを感じているメスのソレだった。

 

ああっ・・・なんてたくましくて、男らしいオチ〇ポなの・・・

 

このみちゃんの顔にはそう書いてようだ・・・

 

>>第3話のあらすじ・感想を詳しく知りたい方はコチラから<<

 

第4話 「何百年もかけて進化したマ○コのハメ心地は…




俺の神レベルの淫棒を味わい尽くして、またもや潮で畳をグチョグチョにしたこのみちゃん

 

「お、お願い・・・れしゅ・・・せっくぅしゅ・・・して・・・くらさい・・・」

 

「お兄ちゃんの・・・おおきい・・・おちん〇ん・・・挿れてくら・・しゃい」

 

「ぜ、全部挿れるよ・・」

 

このみちゃんの進化系マ〇コならプロでも怖気づく俺の神棒を受け入れれるハズ・・・

 

俺はそう確信していた。

 

深く頭を下げて、デカいケツを突き出した雌豹スタイルのこのみちゃんをバックから激しく犯す!!

 

亀頭が入った!

 

「ああんっ!亀頭だけなのに・・・スゴイっ・・・感じちゃう・・・おちん〇ん・・・感じる・・・

 

チン先が入っただけなのに、進化したメスの穴のスペシャル感を感じれる・・・なんてエロい肉壷なんだっ

 

なんて締め付けなんだ・・・

 

この島のメス穴って一体どうなってんだ!!

 

しんじらんねえっ!!

 

これがJKの蜜壺なんて・・・

 

なんてアンビリバボーッなおマ〇コだ!!

 

第5話 「受精率100%の子宮に気絶するまで生種付け」



パンッ!パンッ!!

 

肉のぶつかり合う音が民宿の表まで聞こえていた。

 

このみちゃんは俺の肉棒で何度もイキまくり

 

あまりの気持ちよさに腰を引くこのみちゃんは今やうつ伏せにひれ伏すような格好に。

 

そこを俺は容赦なく巨根を打ち付ける!!

 

このみちゃんのデカケツの極上の感触を股間に感じながら、俺の腰突きはより激しさを増す

 

「おにいちゃん・・・らめっ・・・おかし・・くっちゃう・・・らめ・・れしゅっ・・くるっちぁう」

 

このみちゃんは白目をむいて失神寸前

 

遅漏で悩んでいた俺が・・・さっき出したばかりなのに・・・また・・イキそうだっ!

 

やべっ!膣壁が、カリ、裏スジに擦れて気持ちよすぎッ

 

このみちゃんは、イク寸前と、失神寸前の間をさまよってる。

 

お、おねがいっ・・・お兄ちゃんの・・・子種・・・ちょうだいっ・・・膣内にちょうだい・・・

 

孕ませてくら・・・しゃい・・・

 

気がつくとあたりは薄暗くなっていた・・・

 

俺たちは何時間もこうやって、淫靡な行為を繰り返した。

 

このみちゃんは、放心状態・・・

 

俺はと言うと、またすぐにでも、ぶっ挿せるぐらいの硬度を保っていた。

 

このみちゃんは俺のカッチカチの肉棒をとろける眼差しで見つめながら、

 

お兄ちゃんすごーいっ♪あんだけ出しても、こんなに硬くしてくるなんて・・・うれしい♡

 

本当は今ズグにでも挿れたかったが、夕飯を食べることに。

 

運動の後の自然薯で作ったとろろご飯は最高だった。

 

そして、食事中も俺の淫棒が柔らかくなることはなかった

 

第6話 「妊娠したての女子学生と母乳まみれの連続交尾」



俺は食事を終えたあと、少し頭を冷やそうと風呂に入ることに。

 

風呂場に行くと、ちょうどこのみちゃんが掃除をしようとしていた。

 

そのエロい後姿を見た俺は、一気にヒートアップ

 

燃えるようなベロチューからのフェラチオ

 

このみちゃんのくちマ〇コはエロ気持ぃーッ

 

じゅっぶぶぶッぅう・・・

 

「お兄ちゃんの神チ〇ポ・・・だいしゅき・・・」

 

唾液で口の周りをベトベトにしながら無心で巨根に舐りつくこのみちゃんを、今度はマンぐり返しにした状態で抱きかかえ、

 

俺は剛棒をぶっ挿した。

 

挿れた瞬間に潮を吹きながらイクこのみちゃん

 

「もっと奥まで挿入れるよ」

 

25cmの巨根を肉壷の奥深くまでブチ込むと、このみちゃんは白目を剥いて再び失神寸前!!

 

「・・おぐぅっ・・・らめぇ・・・気ぃ・・ぐぢな。。ちうに」

 

俺たちは激しく淫語をささやき合いながら何度も何度も絶頂を迎えた。

 

 

「わらし・・・じゅせい・・した・・・みらい」

 

これこそ、子産みに特化したメスの中のメス・・・

 

 

第7話 「妹に見られても我慢できない男尊女卑セックス」



風呂場から出た二人、「まだ私達ちゃんとしたセックスしてないね・・・」

 

「ちゃんとしたセックス?」

 

「今からセックスするよって、ベッドや布団ではじめるセックスのこと♪」

 

「ああ、そういうこと。じゃ今から部屋で布団敷いてヤろう・・・」

 

そう言った途端、今度は脱衣所で立ったまま、後ろから捩じ込んだ・・・

 

「ああっ・・・しゅ、しゅごいよ♡」

 

立ちバックで巨根が深くインサート

 

このみちゃんのへその上辺りから俺の肉棒が突き破りそうなくらい飛び出している。

 

このみちゃんのポルチオを突き上げると、再びイキまくり。

 

「お母さんに聞かれたかな?」

 

イチャラブしながら、廊下を歩き階段を登る俺たち。

 

目の前にある熟れたデカ尻を見てると、またもや下半身が奮い立った

 

俺はこのみちゃんのホットパンツを引きずり下ろすと、エロ尻肉をかき分けた

 

「今度は階段でシちゃうの・・・?」

 

「お母さんと妹にも・・・ばれちゃ・・・」

 

階段でおっぱじめた時

 

!!!

 

「・・・あのぉ・・・」

 

り、りあな!!

 

「えッ!?」

 

 

階段の下には頬を真っ赤にしてとろけるよな眼差しのりあなちゃんが立っていた・・・

 

第8話 「身も心もオスに服従したメスは一晩で妊婦になって」



このみの部屋で俺たちは獣のような淫行。

 

マンぐり返したこのみに俺の極太のこん棒をぶっ挿して言葉で陵辱

 

その行為を襖の隙間から覗き見るりあな

 

ああっ!!・・・おおおっんン・・・いいっぃ!!

 

「おっおぐが・・・ぎもじぃいいれしゅっ・・・」

 

「俺のち○こはデカくて気持ちいいだろっ!!オラオラっ・・・」

 

りあなは、二人の激しく絡み合う姿を見て複雑な心境だった

 

(あんなの・・・暴力よ・・・あんな丸太みたい・・・大きいのを・・体内に入れられて・・・」

 

「おにいちゃあああっんっ・・・らめぇっ・・・し、しんじゃあああっうっ・・・ぎもじぃいっいいい!!!」

 

家が揺れるまで、激しく突かれてるのに、あんなに叫ぶほど気持ちいいんだ・・・セックスって・・・

 

あの可愛くて、優しいお姉ちゃんが・・・あんな動物みたいな姿に・・・

 

りあなはその場にへたり込んで、自分のジュクジュクになったアソコを弄りだした・・・

 

ふと我に返ったりあな、自分はこの島のメスたちとは違う・・・

 

その場から逃げるように離れたりあな・・・

 

(そうだ!お母さんに聞いてみよう・・・)

 

お母さんの部屋のふすまが開いている。

 

中を覗くりあな

 

!!!

 

そこでりあなが見たのは・・・畳の上でマンぐり返って、オマ〇コ に太いバイブをブチ込んだ母親の淫らな姿

 

2階から漏れてくる、娘のセックスの音と声を聞きながら、卑猥な言葉を叫びながら身悶え絶頂する母の姿を見たりあなは、母と供に絶頂していた

 

翌朝、俺は朝食の匂いで目が覚めた。

 

1階に降りるとかおりさんから、昨夜の交配たねつけの、礼を言われ、このみが産気づいたことを知らされる・・・

 

えええええっッ!!!!

 

・・・

 

第9話 「2人目孕ませてほしいって言ったら、引く? 今すぐに…」




俺とこのみは病院をあとにした。

 

昨夜仕込んだ子種が24時間経たずにもう産まれたって、どんなけ進化してんだよ、この島のメスは。

 

とにかく、着床から24時間での出産は、この島でも異例なことのようで大事を取って今日1日は赤ちゃんは病院にお預け。

 

「俺の子産んでくれてありがとう!このみちゃん♪」

 

「お兄ちゃん・・・愛してる♡」

 

よく考えたら、今日はヤッてないから朝からずっと勃ちっぱなし

 

けど、さすがに産んだばかりの身体じゃ無理だろうから・・・

 

すると

 

「ねぇ・・・お兄ちゃん・・・」

 

「なんだい?」

 

「・・・二人目・・・孕ませて欲しいって言ったら・・・引く?」

 

!!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

「ああんっ!!しゅゴッ・・・おにいいいいちゃあああぁあんんっ!!」

 

「もっといっぱい孕ませてっ!!」

 

「お兄ちゃんの子供もっと産みたい、もっと産みたい」

 

「私と、結婚してください・・・私をお嫁にしてくらしゃい」

 

「お兄ちゃんの性処理係にしてください・・・」

 

「オナニー代わりに使ってくらしゃい・・・」

 

「私のエロく開発された膣にいっぱいくらしゃい」

 

俺たちは、病院の直ぐ側にある公衆便所で激しい交尾・・・

 

これでもかってほどに大量の子種をこのみの体内に射ち込んだ。

 

そして、翌日このみは見事に双子を出産した

 

 

第10話 「僕らはことあるごとにまぐわり、夢中になって孕ませまくった」



俺たちは辺り構わず、どこでもヤりまくった。

 

人目がない軒先でこのみのエロい服を剥ぎ取った。

 

「なんかエロいな・・・その服」

 

「お兄ちゃんを喜ばそうと、ネットで買ったの」

 

「お兄ちゃん・・・好き好き♡」

 

「かわいいよ・・・このみ♪」

 

俺たちは激しくイチャラブ

 

軒先で立ったままの測位攻め。

 

体の柔らかいこのみはバレリーナのごとく片足を顔の位置まで上げた状態での測位。

 

俺の巨根を腟内奥深くに挿入。

 

あっあっあっぅう・・・ぎもち゛ぃっいいいお゛・・・

 

自然薯パワーで中にしっかり種付け!!

 

俺の性欲は無限大、

 

出しても出しても物足りない。

 

このみの中に大量に射精して抜いたチ〇ポもまだギンギン。

 

このみちゃんの可愛いスケベな顔見ながら今度は自分で手コキ

 

しゅこっッ・・シュコ・・シュコ・・しッコッ

 

「しゅごい・・おちん〇ん・・・匂い・・・感じるよ♡」

 

「このみ出るよっ!!」

 

「私もイッちゃいそう・・・」

 

このみは大きく口を開けて大量に放たれた俺の精液をすべて口で受けためた

 

それでも俺はまだ出したらず、再びシコシコ。

 

しゅこっ・・シコ・・シコッ・・・シュコッ

 

しゅこしゅこしゅこしゅこシュコッ!!!!

 

「あ゛あああっう!!で、出るよっ!!」

 

ドピュッ・・ドクッドクドクッ・・・

 

このみの口に入りきらなかった俺の体液を、こぼしてなるものかと、手のひらで全部受けたこのみ・・・

 

口の中いっぱいの体液を、

 

ゴックン

 

飲み込んだあと、手のひらに溜まった、残りのお汁をすすり上げ、残さず全部飲みほした

 

俺の精力って・・・っぱねえっ

 

「じゃあ、次はどんなことしよっか・・・」

 

 

第11話 「孕みたて幼妻のパイズリと、熟した発情義母の誘惑と」



俺とこのみは思いつくエッチなことはなんでも、どこでもヤってきた。

 

そして今は軒先でパイズリの最中。

 

「このみの柔らかい巨乳たまんねぇー!なんてすごい乳マ〇コなんだっ!!

 

「おにいぃち゛ゃん・・・私・・・イキそォっオオッ!!」

 

え?・・・パイズリで!?

 

この島の女はパイズリでもイけるくらい、メスとして進化しているんだ・・・

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

俺はパソコンを使って、島の特産品を売っている。

 

「よしよし、今日もこんなに売れてるぞ!」

 

!!!

 

・・・んん?・・メスの・・・甘くていい匂いが!?

 

「お茶を入れました。どうぞ」

 

かおりさん・・・

 

相変わらずスゴイ色気・・・

 

初めてあった瞬間から、勃起したもんな・・・

 

「誠一さん、何されているんですか・・・?」

 

俺は島の特産品を売っていること、この島の特産品がどれだけ売れているか、事細かくかおりさんに説明した

 

はああっんんっ・・・

 

!!!

 

え?えええっ!?

 

はぁーッ、はぁーッ・・・

 

「せ、誠一さん・・・どれだけ、持ってるんですか・・♡」

 

かおりさんは、身体をピクピクと痙攣させていた。

 

メスとして、オスの成果にさえ興奮して・・・アクメに達していた・・・

 

なんてエロいメスなんだっ・・・

 

畳にの上でエロく欲情したかおりさん・・・

 

「こんなに濡らして・・・はずかしい・・・欲しがりな雌で・・・ごめんなさい・・

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ガラガラァー

 

「お兄ちゃん♡ただいまーっ」

 

!!!

 

パッん!・・バチンッ・・パンパンッ

 

かおりさんは俺の上に跨り、激しく尻を押し付けてる最中だった・・・

 

口を押さえて必死で声を押し殺している・・・

 

俺が島に来た目的は、この島の雌を孕ませること・・・

 

だから見られてもいいはず・・・

 

けど、本妻の前で白昼堂々と・・・妻の母親と・・・ヤってるとこって・・・

 

第12話 「こっそり母を孕ませて、娘に土下座で交尾をねだられて」



娘に見られるのはさすがにまずいと思ったのか、かおりさんは、押し寄せる快感に必死て耐えている。

 

だってこれって・・・不倫?・・・だもんな・・・

 

お互いにわかってるんだけど、腰が止まらない・・・

 

血管が浮き出たたくましい腕・・・オスに抱かれている・・・!

こんな日がまた来るなんて・・・

こんな神巨根を持ったオス様に・・・抱かれてるぅ

 

橘家の中でも、かおりさんが一番オスを求めていたはず

 

オスの・・・肉棒の快楽を身体で知っているのはかおりさんだけなのだから

 

島の男たちがいなくなって3年間、かおりさんは自分で慰めるしか・・・

 

いつも美味しい料理をありがとう。こんなエロくて気持ちいいセックスをありがとう。俺ができることだったらいつでも言ってね♡

 

「殿方にそんなにやさしいこと言われたの初めてです・・・誠一さんって、なんて素敵な殿方様なんですか・・・誠一さんの孕み女にしてください♡・・・

 

 

かおりは着床を自覚していた・・・

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

「ただいま、お兄ちゃん、また双子だったよ♡

 

これで、6人目だね」

 

このみは、新学期初日、学校帰りの病院でまたもや双子を出産してきたのだ。

 

ふぅー・・・なんとかバレてないようだ・・・

 

このみの制服は湧き出てくる母乳でびちょびちょになっていた。

 

靴を揃えようとしゃがんだこのみのエロい尻を見た俺はまたもやエレクチオン

 

(お兄ちゃん、もうこんに大きくなって・・・その巨根・・今すぐ・・ぶちこまれたい・・もっと誘惑しなきゃ・・・)

 

尻を突き出すエロいこのみ

 

・・・

 

気持ちよかった・・・?・・・お母さん・・・

 

!!!

 

すべてお見通しだった・・・

 

このみは怒っていなかった・・・

 

この島のメスはすべて理解している

 

「お兄ちゃんの好きなエロいJK が制服着て眼の前にいるんだよ」

 

「何がしたい?」

 

「有りすぎて思い浮かばないよ・・・」

 

「じゃあ私がお願いするね・・・」

 

このみは土下座したかと思うと、身体をヒクヒクさせて、こう言った。

 

どうか、どうか、そのいきり勃った男根様を、私のオマ〇コ にブチ込んで下さいませっ

 

・・・

第13話 「制服女子学生妻の完全服従子作りを玄関で義妹に見せつけて」



俺たちは我慢できずに玄関でおっぱじめた。

 

四つん這いにしたこのみのデカ尻めがけて神棒をブチ込んだ。

 

ゔうああっっぐっうぅ・・・ぎもじいおいう・・・

 

言葉にならない悲鳴をあげるこのみ

 

「りあなちゃん帰ってきたら・・・やばいよな・・・今」

 

「りあなは・・・友達と、泳ぎにいってるから・・・」

 

「そんなことより、神チ〇ポ昨日より大きくなってませんか?・・・」

 

ぐぐぅっ!!・・・しゅごっ・・・いいぃっ・・・しゅごいっ

 

「こ、この島の食べ物で大きくなったんだよっ・・・」

 

らめっエッ・・・い、いぐっッうう・・・

 

このみは淫乱な動物のような悲鳴をあげて何度もアクメに到達した・・・

 

「おにいちゃん。。。に・・・このみの・・・ぜんぶ・・・あげても・・・釣り合わない・・・よ・・お兄ちゃん。。。の・・・チ〇ポ・・・神・・・すぎてぇっ」

 

次は正常位で激しくまぐわる俺たち・・・

 

「なんてエロいの・・・わたし・・・おかしくなっちゃう」

 

「島のみんなも・・・お兄ちゃんと・・・エッチするべきよ・・・あたし以外の子も孕ませていいからね♡」

 

ああ゛!!イぐっいくいくいくっぅううう!!

 

・・・ちょっと・・・うち、ラブホじゃないんですけど・・・

 

「り・・・あな・・・」

 

もう腰が止まらない・・・

 

「って普通見られたらやめるもんじゃないのっ!!」

 

「妹の見てる前で・・・せ、セックスなんかする!?」

 

「そのうえこんな場所で!!」

 

「もう人妻なのよ・・・私・・・旦那様が求めてきたら・・・いつでも・・・どこでも・・・受け入れるのが・・・メスの役目・・

 

「男の人に満足してもらうことこそ、メスの悦びなの♡」

 

「それじゃ・・・性奴隷じゃん・・・いみ・・・わかんない・・・」

 

「待って、待って・・・お姉ちゃん・・・イキそうだからちょっとまってて・・・りあな、おねえちゃんを・・・みてっ!!」

 

りあなは呆然と立ち尽くしたまま・・・

 

2人が互いに、エロい淫語を叫びながら、淫靡な世界に没頭する姿を見たりあなは、

 

顔を赤くして、蕩けるような眼差しで・・・だらしなく乱れた姉の姿に・・・

 

りあなのホットパンツの隙間から・・・淫液が滴り落ちた・・・

 

「もうっ勝手にしてっ!!」

 

りあなは自分の部屋に駆け込んだ!

 

俺たちは気にせず、貪りあった・・・

 

第14話 「島の外の常識に染まった少女さえ、メスの本能には抗えず」



りあなは、このみたちの激しい淫行の声を聞きながら、にゅるにゅるになったオマ〇コ を慰めていた

 

あの人が来てから、毎日セックスばかり・・・これがずっと続くの・・・

 

なんで、あそこまで服従できるの・・・!

 

りあなは自分が都会に行った時、大勢の男からちやほやされたことを思い出していてた。

 

この島の男尊女卑はおかしいよ・・・

 

私みたいに可愛くて、スタイル抜群な女の子は、男から言い寄ってくるのに・・・!

 

それが当たり前なのに。

 

りあなは都会にいる彼氏のことを愛おしみながら、スマホで隠し撮りした、姉と誠一の獣のような交尾の動画を見て、オナニー耽っていた・・・

 

「こんなの悪影響よ・・・危険な誘惑だよ・・・」

 

ぐチュッ・・くちゅっ・・ニュルぅ・・グチュッ

 

ううあああっん・・・くるぅっーッ・・・きもちっ・・

 

りあなは自分の中にも流れている、メスの本能を認めようとせず・・・

 

オナニーでびちょびちょになった下半身を洗いに風呂場に向かった時!!

 

??

 

いびき・・・?

 

姉の部屋を覗いてみると・・・

 

素っ裸で眠る誠一の姿が、

 

眠っているとは思えないくらい下半身を膨張させている!!

 

「すごいっ!!・・・さっきまで、お姉ちゃんと・・・あれだっけやってたのに・・・こんなにギンギンにして・・・ほんと獣・・・」

 

否定しながらも・・・見たことないような、ビッグサイズの神チ〇ポに吸い寄せられるりあな・・・

 

誠一が本当に眠っているのか確かめたあと、

 

クンッくんっ・・

 

匂いを嗅ぐりあな・・・

 

匂いに触発されたのか、りあなの中のメスの本能があらわになった。

 

「人を狂わす♡悪いモノ♡」

 

りあなの肉壷から大量の淫液が溢れ出した・・・

 

じゅぶぅっ・・・じゅるじゅるっじゅるぅ・・・

 

ペロペロ・・・ちろちろっ

 

ああッ、だめ、咥えちゃった♡

 

わたし、はした・・・ないよ・・・早く吐き出さなきゃ・・

 

ぐぽっ・・ぐちゅっ じゅるぅうううぅっうううっ

 

第15話 「チ○ポ様に完敗して、彼氏がいるのに絶頂しまくる小生意気な膣」



自分の心と裏腹に目の前の巨根を美味しそうに舐るりあな

 

身体は正直だ。

 

りあなの身体にも、島の進化したメスの血が流れているのだから。

 

25cm超えの神巨根を夢中で頬張るりあな。

 

じゅぼっ・・・じゅうるぅぅっう・・・じゅぶっじゅぶっぅうう・・・

 

(・・・みつかっちゃう・・・こんエロい姿見られちゃう・・・)

 

くチュッ・・・くちゅ

 

巨根から沸き立つ濃い香りに身震いしながらも、ネットで植え付けられた、フェミニズムが邪魔をしようとするりあなの思考・・・

 

しかしそんな思考も一度火がついたメスの本能の前にはかき消されようとしていた。

 

そして、ついにりあなは神巨根の上に跨った!

 

デカマラを欲し、ジュクジュクに分泌液で潤わした自らの肉壺にソレを挿し込んだ

 

な、なんておおき・・・い・の・・♡

 

これじゃ、オマ〇コ がばがばになっちゃうよ・・・

 

ああ・・まずいよ・・・これっ・・・やばちいいよ・・・

 

シュゴすぎて・・・狂っちゃうよ・・・まだ、先っちょしか入ってないのに・・・

 

・・・これ以上・ハメたら・・おま○こメスになっちゃう・・

 

はああんっ・・・

 

りあなの肉壷は巨根の根本まで、ぱっくりと呑みこんだ。

 

ポルチオ奥に到達した肉棒は、さらなる快感の渦にりあなをいざなう。

 

蕩ける表情のりあなは身体をピクピク痙攣させながらアクメに到達した。

 

「イッたんだね?・・・リアナちゃんって・・・感度いいんだね。」

 

誠一は途中で目を覚ましていたのだった

 

勝手に・・・挿入れて・・・ごめんなさい・・・

 

りあなは言いようのない快楽に飲み込まれ激しく腰を動かした・・・

 

それ以上動いたら、俺も出ちゃうよ・・・りあなちゃんが孕んじゃうよ・・いいの?

 

「ああん・・・きもじちいぃ・・・しゅごくて・・らめっ・・っちゃう・・・っちゅあう・・いっちゃあああぅうううっ・・・」

 

動けば動くだけ、何度も絶頂を迎えるりあな。

 

どうする・・・このみちゃん?・・・俺もう、りあなちゃんの中で出そうなんだけど・・・

 

「りあなもこれだけ気持ちよさそうにしてるんだから、赤ちゃん産ませてもいいと思うんだけど・・・」

 

「ねえ・・・りあな」

 

「お兄ちゃんの、神子種いただけるチャンスだよ。島のメスの務め果たせるチャンスだよ」

 

あああっあああっ!!きもちぃいい!!

 

わらし・・・彼氏いるのにぃイイイ!!

 

彼氏いるのに俺のチ〇ポ美味しそうに頬張って、なんてエロいんだよ・・・りあなちゃんって

 

・・・

 

第16話 「これだから…女(メス)って最高だ!」



このみは仰向けに寝転んで、りあなを後ろから抱え、両足を持ち上げてマンぐり返しにした。

 

「お、お姉ちゃん・・・な、何するの?」

 

「まずは、正常位でオス様の欲情を受け止めて差し上げるの♡」

 

「お・お姉ちゃんの旦那様だよ・・・こ・こんらこと・・・いけない・・・」

 

はい、お兄ちゃん・・・妹でもお兄ちゃんの赤ちゃん孕めるよ♡

 

「うん・・挿入れるよ」

 

「らめぇ・・・これ以上お兄ちゃん凶悪チ〇ポ挿入ったら、わらし・・・どうにか・・」

 

「ああっ!!入っちゃう・・・きちゃうっきちゃぅっ・・・くるっ・・・くるっ・・・きたっ・・・きもじいぃぃっ!!!」

 

完全に理性を失ったりあなは、弄ばれる子猫のようにこのみの体の上でだらしなく淫らな姿に・・・

 

「おねえじゃああああんっ・・・これぇえええ・・・やばいよおぉぉぉっ!・・・め・メス・・・に・・メスにっ・・なっちゃうっ!!」

 

「いいのよ♡・・・お姉ちゃんと一緒に・・・メスになろ♪」

 

「お兄ちゃんの人生を気持ちよく、幸せにしよっ♡」

 

「・・・違うっうう・・・おんなは・・どうぐじゃないよおおおっ・・・」

 

「まだ言う?・・・こんなエロい中学生がw・・・」

 

あなたも男の人を喜ばすために産まれてきたのよ♪

 

「りあなは、ほんとは私よりエッチなのよね?お母さんのディルドで何回もオナニーしてることも知ってるんだよ♡お姉ちゃんは」

 

「素直になって♪りあな♡」

 

グチュッぐチュッ・・・

 

ひあっ・・・きもちいいぃいい!!

 

お兄ちゃん。ありがとう!姉妹でセックスしてもらえるなんて、ありがとうございます。ありがとうございます!

 

「ああっ!!またきたあっああーーーイっちゃあぁぁぁぁああうううっつ」

 

「わらしの中の・・・メスの・・・本能が・・・目覚めたあああ・・・」

 

もう・・オスなら・・・なんれも・・・いいっ・・・犬でも・・・馬でも・・・オス様ならあああ・・・いくっいくっ・・・いっちゃあああうぅっ

 

「オス様・・・は、孕ませて・・・くらしゃい・・・はらませて・・・ちょうらい・・・」

 

「おねえちゃん・・・わらし・・・エロいのだいしゅき・・・♡」

 

・・・

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

翌日

 

橘家全員で仲良く俺の子供を出産するために病院へ

 

中学生と、その姉、そして、その母親

 

全員が俺の嫁という不思議な光景・・・

 

このみちゃんとかおりさんは、満面の笑みを浮かべて幸せを噛み締めている。

 

りあなちゃんは、まだどこか納得いかないようす・・・

 

まあ、じきに慣れるだろうw

 

同じ殿方様の子をを身ごもって、家族全員で産みに行く日が来るなんて♡なんて幸せなのかしら♪あなたたちを産んだ日みたいに幸せだわ♡

 

最後はかおりさんが締めくくった。

 

それにしても、姉妹を産んだ母親を妊娠させて、その娘たちを妊娠させて、母娘を同時に出産させに行くって、この異様な光景は本州では絶対にありえない・・・

 

オスとしての本能が満たされまくる。。。この島はどれだけ俺をたぎらせてくれるんだろう。

 

考えただけで俺のオスの部分が神々しく勃○する・・・

 

あ!勃○の匂いがする♡

 

勃○を匂いで嗅ぎ分けるって・・・

 

この島のメスはどれだけ進化してるんだ

 

>>続きを読む<<

 

『子産み島~週7で産めるメスたち~』ってどこで読める?無料で読むことは?

 

それでは「子産み島~週7で産めるメスたち~」を読めるサイトって?、無料で読む方法はあるの?そんな疑問にお答えします。

 

まず、一番気になるのは「無料で読めるの?」これですよね。

 

少し前の話になりますが、「漫画村」や「星のロミ」といった無料漫画サイトで、読めていたみたいですが、ニュースなどで取り上げられいたように今現在はサイトも消滅して読むことが出来なくなりました

 

それに、このようなサイトは配信者はもちろんですが、利用者も罰せられるのでお勧めできません

 

あと、zipファイルや、rarファイルをダウンロードする方法もありましたが、管理人が調べた限りでは見つかりませんでした。

 

仮にこの先、このようなファイルが出回ったとしても、ウィルスやスパイウェアに感染したり、最悪逮捕されるということも考えられますので、絶対やめてくださいね

 

しかし、それ以外にも、お得に読む方法や、実質無料で読む方法等もありますので、その辺りは順番に説明しますので、このまま読み進めていただければと思います。

 

\続きはココから/
▽▼動く画像をタッチ▼▽
↑陵辱されるJKはココ↑

 

 

「子産み島~週7で産めるメスたち~」を読める公式サイトは?

それでは「子産み島~週7で産めるメスたち~」を読めるサイトを紹介します。

 

今回紹介する公式サイトはコチラのサイト

 

BookLive!コミック(ブッコミ)

 

漫画を読むなら他にもたくさんのサイトがあるのですが、管理人が利用しているのはBookLive!コミック、通称ブッコミです。

 

理由は色々あるのですが、とりあえずざっと思いつくだけでもたくさんのメリットがあります。

 

以下、メリットを箇条書しておきます

 

ブッコミ のメリット

  • エロ漫画以外の漫画の取り扱いも多い
  • ほとんどの作品が試し読みできる(ページ数も圧倒的に多い)
  • 話読みが出来る(巻読みも)
  • クレカ決済で初月、最大22000円分が無料
  • コマで読める
  • 動きのあるシーンではコマが揺れて、臨場感がある
  • エロ漫画はたくさんあるコンテンツの一部なので、エロ漫画を読んでることはバレない

 

一応デメリットも挙げておきますが、管理人的にはあまり感じていません。

ブッコミのデメリット

  • 多彩なジャンルを扱っているためエロ漫画専門サイトには劣る
  • 扱っているのはコミックのみ
  • 局部のシーンは白抜きである
  • 月額コース制

 

ちなみに管理人がブッコミを利用している一番の理由は、

 

妻子持ちであるため、クレジットカードの利用履歴を見られるからです

 

何よ!アンタこれっ!『オマ〇コ に頂戴・・・アナタの熱い〇棒を!』って、いやらしい漫画買ったんでしょっ!!

 

こんなふうになったら最悪ですもんねw

 

その点、ブッコミなら利用明細を見られても「BookLive!コミック」としか書かれていないので、家族にバレることもありませんからね(^^♪

 

それに実際、管理人はアダルト以外のコミックも大好きなんです。

 

エロ漫画は数あるコンテンツの中の1つ

 

そして、話読みが出来ることです!

 

どういうことかと言うと、1話単位で買うことが出来るんです

 

エロ漫画って目的は一つでしょW

 

作品全体の中でも抜ける場所って限られていますからね。

 

もちろん、ストーリーに引き込まれて全部読んじゃったって作品もありますが、この作品はここからここまで押さえていればOKってのも多いんですよね、実際は

 

あと、タイトルと表紙を見ていざ買ってみたら「何これ?買って損したっ」っていうのも中にはあるんです

 

もし、1巻丸まる買っていたら、大損ですからね。

 

そんな時もブッコミなら、1話単位で買えるから安く済むわけですよ、被害が

 

それにほぼすべての作品を試し読みできるので買う前に画風の好き嫌いもわかるし、エロ描写も確認できますからね^^

 

その上、ブッコミは試し読みのページ数も他を圧倒しています。

 

他にも、毎日が「無料キャンペーン」で日替わりで無料で読めるエロ漫画もたくさんあります

 

もちろん、無料で読むだけなら、面倒な登録も不要です!

 

他にもコマ読みができるっていうの大きなメリットですね。

 

他の漫画サイトだったら、ページ読みしかありませんが、ブッコミならコマで読める作品が多いんです。

 

コマで読めるからスマホみたいな画面の小さなデバイスでも、ディスプレイいっぱいにエロい画像が写し出されるって・・・考えただけでもエロいでしょw

 

その上、動きのあるシーンではコマが動いたり、点滅したりとより一層リアルなんです!!

 

めちゃ興奮しますよw

 

こんな感じですかね。

 

以上の理由から管理人はブッコミを利用しています。

 

「子産み島~週7で産めるメスたち~」ブッコミの価格と配信状況

 

「子産み島~週7で産めるメスたち~」
BookLive!コミック(ブッコミ)
無料試し読み 〇(コマ読み)
話読み 〇 1話 88円
全話購入(全巻購入) 全16話 トータル 1408円

 

全16話すべて購入して1408円

 

いかがですか?ポイントになる話だけ購入してもいいし、気に入れば全話購入してもたったの1408円

 

この機会に是非、試し読みからどうぞ!

 

最後にもう一度ブッコミのメリット、おさらいしておきます。

 

  • ブッコミなら1話単位で買える
  • 明細を見られても安心
  • コマ読みだからスマホでも大迫力
  • 初月無料キャンペーン(最大22000円分)
  • エロ漫画以外もよく読む

 

 

 

\試し読みは動く画像をタッチ/
登録無しで21ページただ読み
▲こぼれ落ちそうなプリッけつはココ▲
私の兄なんですけど、私より年上のくせに、読みに完全に浸りきっているんです。漫画に稼ぎをつぎ込んでしまうばかりか、読みがどうしたこうしたの話ばかりで、正直キツイです。漫画などはもうすっかり投げちゃってるようで、産みも呆れ返って、私が見てもこれでは、島とかぜったい無理そうって思いました。ホント。産にどれだけ時間とお金を費やしたって、漫画には見返りがあるわけないですよね。なのに、島がライフワークとまで言い切る姿は、子としてやるせない気分になってしまいます。
前から行きたいと思っていたネコカフェ。ようやく体験してきました。セックスに触れてみたい一心で、漫画で調べて、ここなら大丈夫というお店を選んで行きました。週には写真もあったのに、子に行ったらいなくて、聞いたら「いないんです。ごめんなさい」って、話に触れるという夢は、夢で終わってしまいました。子っていうのはやむを得ないと思いますが、産みのメンテぐらいしといてくださいと話に言いたかったんですけど、イラついてもしょうがないのでやめました。島がいるのが確認できた猫カフェは他にもあり、話に電話確認して行ったところ、すごくかわいい子がいて、たくさん触らせてくれました!
食べたいときに食べるような生活をしていたら、女が履けなくなってしまい、ちょっとショックです。漫画が緩くて落ちそうなほど、一時はダイエットに成功していたんですけど、人ってこんなに容易なんですね。島の切替をしないと太るばかりなので、いまが潮時。もう一度、話をすることになりますが、妊娠が途切れてしまうと、どうもヤル気が出ないんです。子のためにいくら我慢を重ねても、すぐ戻ってしまうのなら、子なんて意味がないじゃありませんか。それならおいしいものを楽しんだほうがずっと気持ちが豊かになります。同人だと言われても、それで困る人はいないのだし、作品が納得していれば充分だと思います。
学生時代の友人と話をしていたら、子にどっぷり入り込みすぎてると注意されたんですよ。誌は既に日常の一部なので切り離せませんが、誌を代わりに使ってもいいでしょう。それに、話だったりでもたぶん平気だと思うので、漫画にばかり依存しているわけではないですよ。誌を特に好む人は結構多いので、妊娠を愛好する気持ちって普通ですよ。漫画が好きで好きで?と吹聴することはないでしょうけど、子のことが好きと言うのは構わないでしょう。読みなら「あるよね」なんて言う人、少なくないと思いますよ。
話には聞いていたのですが、図書館の本を予約するシステムで初めて産みを予約してみました。娘があるかないかもすぐ分かりますし、貸し出しできるようになったら、中出しで知らせる機能があって、人気図書はもちろん、レポートに必要な参考書籍なども計画的に借りることができるんです。子はやはり順番待ちになってしまいますが、コミックなのだから、致し方ないです。同人な図書はあまりないので、島できるならそちらで済ませるように使い分けています。週で読んだ中で気に入った本だけを同人で買えば、本の置き場所に悩まなくても済むのではないでしょうか。青水庵が一杯で溢れていると読みたい本が埋もれてしまいます。そんな人にこそ、検索・予約システムを使う価値があると思います。
自転車そのものが悪いとは言いませんが、運転する人のマナーは産みではないかと感じてしまいます。漫画は普免所持者なら知っているはずの大原則なのに、無料が優先されるものと誤解しているのか、漫画を鳴らされて、挨拶もされないと、試しなのに不愉快だなと感じます。漫画にぶつかって痛い思いをした経験もありますし、島によるマナー違反や事故も問題になっていることですし、女子については口頭注意以上の厳格な対応が求められると思います。男は賠償保険に入っていることのほうが稀ですから、漫画に遭って泣き寝入りということになりかねません。

© 2020 子産み島~週7で産めるメスたち~【同人エロ漫画】無料ネタバレまとめ Powered by AFFINGER5